« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の8件の記事

2017年10月24日 (火)

第449回 10月12日 天明けやきの会 レポート

第449回 天明けやきの会 参加者レポート
 
●さんみいったいとは、通常、三位一体と書きますが、
天明先生は、「三身一体」と書きます。
三身の方がわかりやすいからです。
その三身とは、「自信」、「信頼」、「感謝」です。
それが調和をなすと本来の自分となれるそうです。
水をかぶったり、火を渡ったり、断食したりなどの
悟りの厳しい修行で得られるのは、
厳しい修行をしたという経験、や地位、名誉です。
本来の修行・悟りとは、自分の生活から出てくる物です。
 
 
●赤ちゃんの不思議
赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、
精子と卵子が受精して分裂を繰り返し、身体を形成していきます。
そのとき、原生生物から、ほ乳類までの地球上の進化の過程を一気にたどって生まれてきます。
これはものすごい変化を経験して生まれてくるのです。
臍の緒を20分程度待ってから切ると赤ちゃんは泣かないそうです。
それをまたずに切ってしまうので、
赤ちゃんは驚いて泣きます。
 
 
●活きるとは
枝葉にリンゴがついていること
魚が海を泳いでいること
生きるとは
リンゴが収穫されても死んでいません
魚の切り身も死んでいません
 
天明先生 「活きると生きるのちがいは、
木になっている状態を活きる。
枝から切られたら、死です。
ここで、腐ってないから生きているとおもうのは、細胞レベルでみたからです。
一個のリンゴの一個の細胞が生命体だからいきているのです。
時間がたつと、リンゴはしぼんできて、腐っていく。
根からの栄養かこないからです。
飛躍しますが、拒食症がこれです。
反対に、肥満症は食べる量が、
使う量より多いと余ったものは皮下脂肪として、たくわえるのです」
 
人間は
生まれる前と、死んだ後に「活きて」います。
生まれてからは死ぬまでが「生きる」のです。
 
●他にも、
・ガンなどの薬の副作用をキャンセルする話
・人間の身体は相対関係になっている。
 右手と左手、肺と大腸など・・。他方をケアするとよい
・相手に放った想念が自分にも返ってくる
などのお話がありました。
皆で氣功の体操を行い
氣力いっぱいにリフレッシュして、盛会に終了となりました。
 
 
Img_02592
Img_02682

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

脳内出血がとまりました!

14時に、娘さんへ電話をしましたら、

出血がとまった。

と、医者にいわれたそうです。

すごい!!

遠隔操法をやってよかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳内出血で集中治療室へ入院

Yさんは、脳内出血を起こし、左半身麻痺    しびれがありました。
頭の右10mm     出血しているというのです。
まだ、出血している・・・。

わかった!!

出血をとめる、遠隔操法します。

出張操法に来て欲しいといわれましたが、25日しか空いてない・・。
26日15時から予約入っているので・・。

朝一番のキャンセル待ちの飛行機でかえれば、25日いけます。
とこたえました。

ちょうど、19日にその日の夕方、予約していた方から電話が来ました!
申しわけありませんが、予定を31日に変更していただけませんか。
と変更していただきました。

25〜26日Yさんの操法してまいります。
徳のある方はこのように、まもられるのですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

9/15 岡山県の餘慶寺でコンサート

寺宝展にて、コンサートをさせていただきました。
あいにくの雨でしたので、餘慶寺会館講堂に変わりましたが、
40名ほどいらしてくださいました。

雨が降らなければ、
本堂の渡り廊下を舞台に三重塔の間に客席つくり、
野外でやる予定でした。

感想を小林住職にお聞きしましたら、
皆さん喜んで  よかった    といわれたそうです。

会館に  両界曼荼羅図があります。
平安時代の作で、3年かかって、
修復をおえ、初お披露目の日でした。

平安時代の薬師如来坐像、聖観音像     国指定重要文化財、など、
滅多に拝観できない仏様におあいして、きました。

餘慶寺へのアクセスは、
岡山駅から赤穂線に乗り換え、西大寺駅下車    タクシーで10分。
地元では、  上寺山     うえてらさん
で、わかるそうです。

Img_1109

Img_1110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

運動会で一等賞!

運動会で一等賞!
昨日に引き続き、
もう一つ嬉しいことがありました。

Sくんは、原因不明なのですが、
出産時に何かがあって、
正面から歩けません。
カニのように、横歩きしかできないのです。2歳の頃です。


小学校に入り、走る時はスキップ。
運動会やマラソンは歩いたりスキップを繰り返して最後まで頑張った。

ところが今年の小学校三年生の運動会では、
普通に前向きに走れるようになり、
さらに、リレーの選手になりました!


嬉しくてたまりません!
前回の桜子さんもですが、
自分と真向かいながら、
成長しています。

一人一人、
これからも見守っていきます。
(写真はイメージです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バドミントン大会優勝おめでとう!

バドミントン大会優勝おめでとう!
長野県南木曽の天明を支援してくださっている団体
「みかづき会」にいらっしゃる方からのお便りをご紹介します。

彼女とは20年来のお付き合いです。
お便りをありがとうございます。

彼女の娘の桜子さんは、
長野県の小学生バドミントン選手権大会にて、
見事優勝され、全国出場の切符を手に入れました!!

桜子さん、おめでとうございます!
この便りを読んだら、泣けて泣けて、、、。
よかった!!

わたくしが一番つたえたいことを、
桜子さんはやりました
これからの人生に、役立つ、宝物を体現しました。

以下、桜子さんのお母様のお便りです。

おはようございます
桜子が北信越で優勝できました。優勝を決めた瞬間、
私は感謝しかありませんでした。

まず、1回戦が終わり、右足首が痛いと言い出しました。
知りあいに見てもらうと、アキレス腱かもしれないので、
プロにテーピングを巻いてもらった方が良いとアドバイス。

スポーツショップの店員さんにテーピングを巻いてもらっての2回戦。
私は、痛いところに気を通しなさい
痛い事を誰にも気づかれないようにしなさい。
私の足は大丈夫、最後まで戦えると思いなさい
と桜子に言いました。

2回戦がヤマ場でした。
しかし、相手が緊張のあまり腹痛になり、
まともにバドミントンできなくなりました。

次は準決勝、相手は依然ボコボコにされた相手でした。
序盤相手に点を取られるが、冷静に自分のペースで試合を運べました。
試合が終わると、また足が痛いと言い出し…

テーピングを巻き直して頂き、さっき言った言葉を桜子に言いました。
決勝は体力的にも限界がきていましたが、なんとか戦えました。
みかづき会で天明先生の話を活かせての優勝でした。

桜子本人も脳科学を使ったと言ってました。
天明先生の導きがなかったら、あり得ませんでした。
そしてみかづき会の皆さんにも感謝です

皆さんなら、わかって頂ける。
そしてこの体験談を活かせてもらえるのではないか。
と思い報告させて頂きました。

(写真はイメージです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

サンマリノ共和国大使館にまいりました。

カデロ大使のあたたかいおもてなしに、全員、緊張がほぐれました。9/9の講演会はよかった。
楽しかった。縄文人の生き方素晴らしいです。
同じ考え方で講演活動している、広島の方を紹介します。一緒にやるとすごいですよ。
上京された時、この5人を僕が食事に招待しますから、その時はいらしてください。
縄文人の生き方を世界中に伝えたいお力添えお願い致します。
ご協力してくださることになりました。
いよいよ、世界に、とびだしますよ。


iPhoneから送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

交通事故にあった方と、緊急入院の方の操法

岐阜県~~病院に出張操法にいきました。

交通事故で右鎖骨ボキッと折れ、
ボルトで固定、両肩ガッチリ固めた状態です。

腰の2.3番圧迫骨折、
尾てい骨に痛みがあるといいます。

午前、午後、2回操法すると、横寝になれて、
2.3.番と尾てい骨を操法すると、
痛みが消えて、楽になった。
といわれましたので失礼しました。

同じ日に、別の方の操法のため、~~病院へ移動。
病気で危篤状態で緊急入院されたため、
部屋が決まるまで待つ。

病室に行き、娘さんが声をかけたが、反応ありません。

そこで、わたくしが、肩をとんとんして
「お母さん」というとパッと目を開け、

「天明先生!」と直ぐにわかりました。

手をにぎると、
「つめたい、いつもあったかいのに」、といわれました。
アルコール消毒液を2回つけた後だつたので、
そう感じられたのでしょう。

そして、各臓器、丹田、頭と、操法しました。

操法のあと、

「昨日は、手先、足がつめたかったのに、今日はあったかい!!」

娘さん二人がいいました。

「お母さんかえります」と言うと

スヤスヤねていたのに、
目を開け「ありがとうございました」
といわれたました。

「またきますからね」
握手して、ハイタッチして、病院をあとにしました。

16時半、お二人とも落ち着かれましたので、帰ることにしました。

後日談

一人目の方は、一週間後くらいに退院され、早い回復にお医者様が驚かれたそうです。
二人目の方は、病院で普通に過ごされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »