« 後日談その5 | トップページ | 後日談その7 »

2016年5月27日 (金)

後日談その6

5月19日、リハビリの先生2人がついて2mほどを往復し歩けたようです。
①②③のリハビリも行いました。
20日、奥様がお昼から病室に行くとご主人は 「うん、うん」と何度も言うので奥様が「おしっこ?」と聞き尿瓶でとりました。 この日はだるかったようで落ち着くまで寝かせました。 血圧が安定しましたので奥様は
「歩くリハビリはどこでする?」と聞くと 「ここでする」と男性は言いましたのでリハビリの先生2人がついて2mほど歩けたようです。
名前を何度も聞きますが言えません。 「名前は○○じゃなくて」と言いますが、自分の△△が出ません。 何度も繰り返し聞いて夕方に自分の名前が「△△」と言えるようになりました。 リハビリをしたくない、いやだと感情を出せるようになりました。
21日、兄弟が来ましたが誰かも名前も分からなかったようです。 手足のマッサージをする時に膝を上げるように言うと 「よいしょ、よいしょ」と言いますが膝は動かしていません。 奥様は「よいしょ、よいしょ」と言いながらリハビリを行っていたので
さぼることを覚えたかと笑ってしまったそうです。 さぼる知恵が出てきました。
石原裕次郎のCDををかけると、左手で頬づえをつき歌詞も音程も完璧に歌ったそうです。 この日はリハビリがお休みの日ですが息子さんに来てもらい立つリハビリを行います。 右手で握りしめたり握手はできませんが、 ベッドに腰かけ相撲を見ている時、右の手のひらをついて上体を支えられるようになりました。
22日、退院を目指した日でしたが叶いませんでした。 気が抜けたのか1日中、ぼーっと過ごしたそうです。
23日、歩くリハビリで6m支えられて歩けました。 腕のリハビリも楽しんで行ったそうです。
身の回りの物をこれ何?聞いてみますが答えません。 一回教えると言えるのですがすぐに忘れてしまいます。 男性は 「毎日、背中で寝ているのはいらん」 と言うので、奥様は 「そう、起きていたいのね」と言います。 「起きとった方がいい」 と男性は目をパッチリと開き答えました。
その後、ベッドに腰かけて手足を動かしてリハビリを行いました。 夜になり、奥様が「帰るね」と言うと 「うん、おやすみ」と返してくれたそうです。
毎回、治療を受けた後に翌日にすべきリハビリを指導して電話を切ります。

|

« 後日談その5 | トップページ | 後日談その7 »

皆様からの体験記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後日談その6:

« 後日談その5 | トップページ | 後日談その7 »