« NPO法人国際縄文学協会のコラムを見てください。 | トップページ | 20年ぶりに親子で操法に見えました »

2013年6月19日 (水)

子猫の捕獲

朝窓開けて掃除機かけようとした時ブロック塀の上に生まれて間もない子猫が泣いて下に降りたいのに降りられない。ヨチヨチ歩きへっぺりごしで泣いている。どうして登れたのか?。落っこちないように気をつけて、と思いながら掃除機かけ終えて見るといない。声は聞こえる。隣の庭に降りたのだ。良かった。いや声が小さくなった。網戸開けて下をみると地下の鉄格子の上に落ちている。何とか助けないと死んでしまう。そうだ。孫の虫取り網を二つ重ねて柄を長くして地下にいくと鉄格子のしたに落ちて鳴いている。どうしょう。三枚の鉄格子あるが左手で猫のいる鉄格子を持ち上げ右手で二重の虫取り網をいれ子猫をいれようとするが逃げて反対にいく。また鉄格子を持ち上げて網をいれ子猫を入ってというがコンクリートに爪をたてて入ってくれない。柄がしなって曲がりどうしょう。左手の鉄格子が重いし!入って祈りました。肩で鉄格子を支えてやったー。大丈夫よ。飼い主に連れて行くからね。前の家二軒にいくと違った。北側の家にいくと飼い主だった。良かった。可愛い
い子猫ちゃんの捕獲作戦でした。

|

« NPO法人国際縄文学協会のコラムを見てください。 | トップページ | 20年ぶりに親子で操法に見えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513549/57620692

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫の捕獲:

« NPO法人国際縄文学協会のコラムを見てください。 | トップページ | 20年ぶりに親子で操法に見えました »