« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月の5件の記事

2013年6月19日 (水)

20年ぶりに親子で操法に見えました

お母様は96歳になられたのね。
ピンピンしてらしてとてもかわいくて96にはみえませんよ。うれしいですね。よくいらっしゃいました。
その時ご縁頂いた方にとことん出来ることをやってきた。よかった。
わたくしの座右の銘
求来者安郷
去行人幸福


もとめきたるものにはやすらぎを
さりゆくひとにはしあわせを

今でも昔もこれからも同じおもいでいきます。
本当によかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子猫の捕獲

朝窓開けて掃除機かけようとした時ブロック塀の上に生まれて間もない子猫が泣いて下に降りたいのに降りられない。ヨチヨチ歩きへっぺりごしで泣いている。どうして登れたのか?。落っこちないように気をつけて、と思いながら掃除機かけ終えて見るといない。声は聞こえる。隣の庭に降りたのだ。良かった。いや声が小さくなった。網戸開けて下をみると地下の鉄格子の上に落ちている。何とか助けないと死んでしまう。そうだ。孫の虫取り網を二つ重ねて柄を長くして地下にいくと鉄格子のしたに落ちて鳴いている。どうしょう。三枚の鉄格子あるが左手で猫のいる鉄格子を持ち上げ右手で二重の虫取り網をいれ子猫をいれようとするが逃げて反対にいく。また鉄格子を持ち上げて網をいれ子猫を入ってというがコンクリートに爪をたてて入ってくれない。柄がしなって曲がりどうしょう。左手の鉄格子が重いし!入って祈りました。肩で鉄格子を支えてやったー。大丈夫よ。飼い主に連れて行くからね。前の家二軒にいくと違った。北側の家にいくと飼い主だった。良かった。可愛い
い子猫ちゃんの捕獲作戦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

NPO法人国際縄文学協会のコラムを見てください。

NPO法人国際縄文学協会のコラムを見てください。
天明が30余年言い伝えてきましたことを書きました。ファイルをクリックすると一覧表の下に印刷とありますのでクリックすると印刷出来ると思います。わたくしも印刷できなくて教えて頂きました。やってみてください。学研につながるように念じていましたが叶えられそうです。
いよいよ凄い本を書きます。
頭の中に構想は出来てますので、楽しみにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

阿部総理夫人の講演

阿部総理夫人の講演
参議院議員会館会議室にて昭恵先生のお話しを伺った。地方で放置されていた棚田を再生、米作りをしているグループ、楽しいこと、田舎でしかできないことしょう。チャンスの神様は今しかいない。つかめ!
天と地をつなぐのは人です。
淡路島の会ではパソナとくんで農業と芸術を小学校の廃校を利用して農作物の販売をしながら芸術活動もしている。各地に一杯絆を作って地元の人はきずいていない宝を都会の人が伝えていけば地域活性になる。
安全、で安心して頂ける農作物をつくれば外圧がはいろうが絆を一杯作っていればいいと思う。とおっしゃっていました。
わたくしも講演で農業の大切さを伝え続けてきましたので、今日は嬉しい日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

死の美学を実践して逝かれました。

死に逝く者は残り者に微笑残し。

わたくしの両親も死にざまを見せて逝きました。以前ブログにかきましたように見事な全生時でした。
死の美学を教わりましたがSさんのいのちの始末は見事でございました。6/1AM6:30 トイレでたおれ、武蔵小杉の病院に危篤状態で入院、クモマッカと診断される。手術するか電話くる。とにかく出血を止めることが先と言って遠隔操法する。医者が出血止まったので手術できるがいのちの保証はわずかうん%、 脳死状態です、といわれた。家族で話し合い手術ときめたとき、医者よりさっきはかさぶたができて血が留まっていたのにまた出血してきた!2cmのこぶがあり手術は無理、このまま人口呼吸器で酸素、心拍数と脈拍は普通の2倍でいのちを維持している
。引き潮の時なくなりますが人口てきに操作をしているので?、、、
しかし1日16:00は変化なし。2日AM4:00から1時間毎に数値が落ちてきたAM6:30に看護婦が身内の方に連絡したほうがいいといわれたので電話する。代わる代わる手足をさすり、綺麗な顔で微笑んでいるので寝ているみたいですから、まわりの空気が暗くないのです。
14:44微笑んでいかれました。
号泣する人いないそっとすすり泣きしてました。
残していく子供2人に迷惑かけないようにきちんと自分のいのちの始末をしていかれました。ご主人の難病の世話をしてこられ自分はピンピンコロリでいくのよ。日頃から言っていたとおりになりました。全生時の迎え方が書いてあり葬儀にきてもらいたい、リストも書いてありましたというのです。
見事ですね。
わたくしは覚悟してこうすると決めていますが皆様は年頭に書いていますか。いつなにがおきてもいいように今しておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »