« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年2月の5件の記事

2013年2月28日 (木)

ぎっくり腰と駅の電車とホームの隙間に片足がおちて

ぎっくり腰でSさんは腰骨5番右に痛みがあり、きえたら2番に痛みを感じてきた。
天明と縁されてる方はわかりますが、初めての方もいらっしゃるので体の不思議なすごい働きを書きます。予期しない衝撃を受けた時、一カ所で受け止めたら、骨はボロボロ、傷も深くなります。ところが体は瞬時に判断して衝撃を何ヶ所に飛ばして傷が深くならないようにしてくれるのです。
もう一人のOさんもぎっくり腰で腰骨5番右側が痛い。背骨右側肩まで硬く気の流れが鈍っている。
男性に多い前立腺にならない手当てをお伝えして失礼した。
双子の娘が小学校一年生の時、井の頭線の吉祥寺駅で夕方ラッシュに雨がパラパラ降り出し、急いで帰ろうと、ドット大人の波に押されて降りたのですが電車とホームのすきまにストンと落ちた。カバンがひっかかり、 止まったがヒールや革靴が頭や腕を踏みつけてドドッ〓来るので線路に落ちた。
ひとりで上がろうするが上がれない。もう一人は改札きてもいないので名前を呼んだら線路にいる。引っ張っても上がらない。大人の二人にたすけてひきあげてもらった。という
歩けないので西荻窪駅の交番で電話をかりてかけてきた、お巡りさんにお礼をいって車でかえり傷を見てびっくり〓
弁慶の泣きどころ、白い骨が8cmでている。血はかさぶたになって止まっていた。話しを聞いて、駅員さんにいわなかったの、いうといなかったという。
終点駅だったからよかった。
傷の手当てを済ませて、井の頭線の吉祥寺駅へ電話すると駅員はいないという。状況を話たら、見てないので詫びようがない。変ないいがかりは迷惑です。これには驚きました。そのあと駅員がいるようになりました。32年前を思いだしながら、手当てをしました。
ホームで隙間に右足の膝までおち、友人が助けてくれましたが、家についたらあざになり腫れて痛みがて゛てきたという、どこかにショックを飛ばして いるはず、腰骨2番と胸椎8番にでていた。大切なことは2番3番と衝撃に応じてショックを分散して護ってくれるのです。この2番目3番目の手当てをしないでおくと、年取ってわるいおつりがくるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

ぎっくり腰と駅の電車とホームの隙間に片足がおちて

ぎっくり腰でSさんは腰骨5番右に痛みがあり、きえたら2番に痛みを感じてきた。
天明と縁されてる方はわかりますが、初めての方もいらっしゃるので体の不思議なすごい働きを書きます。予期しない衝撃を受けた時、一カ所で受け止めたら、骨はボロボロ、傷も深くなります。ところが体は瞬時に判断して衝撃を何ヶ所に飛ばして傷が深くならないようにしてくれるのです。
もう一人のOさんもぎっくり腰で腰骨5番右側が痛い。背骨右側肩まで硬く気の流れが鈍っている。
男性に多い前立腺にならない手当てをお伝えして失礼した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵言葉見つけました。

今朝出張操法に向かう電車の中で、< 一生健明生きましょう。>
なんて素晴らしい言葉でしょう。
一生健やかに明るくいきたいものですね。わたくしも思います。
気持ちスッキリ今日もいい日で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

思いやりの心

2日間の講演を終えて中津川をたちました。
南木曽支部と中津川の恵那支部の天明講演会は16年を迎え事務局がしっかりしているので講師としていけばすべてながれていきます。
本当に有難うございます。
2日間終えて料亭でご接待して頂き名古屋に向かっています。最終の新幹線で帰りますが中津川駅で見送れなかった方は恵那駅のホームで待っていてくれます。天がどの車両に乗っているかわからないのにちゃんと会える。天明今日も有難うございます。と思いやりの心を強くもつと天明の乗っている車両のところに止まるのです。たついちがずれたらハグはできません。
本当に忘れられないい出会いをいただきました。
1ー2月とブログをかきませんでしたが、今日本気で何がきても覚悟をもって立ち向かう。責任は全て自分がとる。
肝っ玉が座りましたので明日からかきます。東京本部と南木曽支部恵那支部で、天明が掲げた目標を力を合わせてやります。
と決まりましたのでブログを見て賛同されましたらぜひ一歩ふみだして一緒にやりませんか。明日またブログを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

東京駅の階段踏み外してバタンとまえのめり

76才男性
大丈夫ですか。腕を持ち反対は男性ささえて起こして立たせたが顔は蒼白危ないと、感じた。反対をささえた男性は立ち去り、当人は大丈夫大丈夫といいますが左にかたむきたっていられない。またバタンとまえのめり倒れる。重くて起こせない、3人組の方々で起こして駅員を呼んでもらう間、手当てをする。壁にもたれてしゃがみ、しばらくすると顔に血の気が出てきた。丁度駅員さんがきてお任せして帰る。真っ直ぐ立てたのでだいじょうぶと思う。後1段残っているのに踏み外してしまわれたのだと思います。私も我が家でたまにやります。
気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »