« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の6件の記事

2012年12月22日 (土)

2012年12月22 日午前4時心穏やかに過ぎました。

お早うございます。
いよいよ  3と97の生き方 をする時代になりました。欲の生き方から徳の生き方になります。
個の生き方
自分がされていやなことはしない。言わない。
国の生き方
欲しいものは土足で入って取りに行くことはしない

日本人は世界に誇れる勤勉な民族です。
国は個人の集まりです。個が国をつくるのです。
働きましょう。職業を選ばず先ずやってみましょう。5時になりました。少し休みます。

 

2日間祈りました。 

世界中の一部の人びとが心惑わすことをことをいつておりましたが、見える世界から

見えない世界に意識が変わるのです。

今までは肩書や豪華な家、車、宝石などでその人を評価してましたが、ボロは着てても

心は錦  です。

今日から新しい年の始まりです。

 一人一人が一日を本気で覚悟して、生きましよう。そうすれば   

いつ何が起きても動じなくてすごせますよ。縄文人の生き方に学びましょう。

続きを読む "2012年12月22 日午前4時心穏やかに過ぎました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

コロッケのデナーショウにいきました

長年行きたいと思っていましたら、娘から招待されて高沢と楽しんできました。テレビでみてるのと同じ顔とものまねをアップして左右の画面でみられました。最初から最後までわらいっばなしでした。最後に一人一人が自分に一年間有難うございます。してくださいと。自分が自分に良く頑張ったね。ご苦労様でした。
有難うございましたと。言いましょう。と、そしてお母様からの宝物
1あ
あせるな
1お
おごるな

1い
いばるな
1く
くさるな
1ま
負けるな

あおいくま を支えに頑張ってきたとおっしゃいました。いいことばだったのでメモしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

不思議〓いのちをいただける方は?

昨夜391回今年最後の天明講演会を終え二次会の会場にいくと、隣の80名位のパーティーに横顔が中條会長に  似ているかたがいる.. . しかし横顔の相が天明が操法していた頃とあまりに違っていたので、 間違いないと確認して声をかけると、びっくりされてなぜここに?
講演を終えて二次会です。と伝えると不思議だな〜。逢えると思わなかった。と言われた。 

ジヨン万次郎のあの広いお店で隣の席になることの不思議。

具合い悪そうですね。  うん。  

少しお手当しましょうか。
皆さんに悪いからいいよ。
大丈夫です。隣のテーブルに掛けて頂き、操法初めると  右手のひらあったかいね。気持ちいい。左手のひらは心臓に当てている。 呼気がやりにくいんだよ。 

  わかりました。じや  やってみましょう。3回繰り返し丹田呼吸を指導する。  如何ですか?
有難う。  さっと立ち上がり席にもどられた。

 お顔の色がよくなり表情も晴れやかにお帰りになった。  

 右手のひじをテーブルに乗せ上体を支え、頭は下がり辛そうだった。 

 あのまま手当てしなかったら、おおさわぎになったでしょう。

本当によかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

地震大丈夫ですか?

震源地の皆様大丈夫でしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

ベビーカーがママの背中? ?

出張操法のため9:30分のバスにのった。 通路も一杯になったころ、ベビーカーをたたんで女の子とママが大きなてさげ袋を持ち乗ってきた。席を譲ると抱っこしてかけた。
荷物と子供とベビーカーと大変なのでベビーカーを支えてあげようとしたら いや!いや!触るなという…。なきだしそうな顔と声。慌て放す。ママがおばあちゃんでもさわらせない、ママだけといい困るときあるんですという。2歳の子はベビーカーのタイヤを愛しそうにさわっている。毛糸の帽子が左目にかぶり、直してあげたくても手がたりない。私が直すとにらまれた。
この子にとってはベビーカーがママの背中なのだ。ママの背中の温もりを体に感じたことないまま育ってきたのだ。なんだか切なくなってきた。おんぶされてかめのこを掛けて育った私は、これだから親子の温もりがなくなってきているのかな〜。
けやきの会報34号をぜひ見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

食べ物アレルギーをなんとかしたい

食物負荷試験をやってくださる医師が少ない。
血液検査でアレルギー反応があるので食べれない。
私はなんかおかしいと思います。
アレルギーをおこす食物たとえば卵を代謝する酵素が普通より少ないのです。だからどうしたらいいのですか?
医者のいわれるようにたべさせないことを選択する?子供の将来を考えたらなんとかしてあげたいとおもうのが親でしょう。体はやわじゃないですよ。親は普通に食べさせてあげたいと本気で覚悟をもってやるかやらないかです。
やり方は指導します。お問い合わせ下さい。一人一人対応がちがいますのでかけません。自分が産んだ子です。たべれるように本気で覚悟をもってとりくみたいかたはご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »