« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の7件の記事

2008年12月22日 (月)

2008年餅つき会

Photo_4 Photo_5 Photo_6

続きを読む "2008年餅つき会"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

けやきの会、年末・年始イベントのご案内

12月20日(土)餅つき会
11:00 - 15:00
<忘年会15:00より>

心健導場<場所
東京都杉並区南荻窪2丁目7-12 
Tel:03-3334-2527

1月8日(木)初詣
18:00 - 18:40
神田明神<場所
千代田区外神田2-16-2
集合場所:正面入口(隨神門)前
Tel:03-3254-0753

1月8日(木)新年会

19:00 - 21:00

レストランあけびの実<場所

千代田区神田淡路町2-9 
Tel:03-5298-7125

1/8(木)新年会会費 大人5,000円/子供1,000円/
                    9歳以下無料

FAXでのお申し込み

PDFチラシをダウンロード
FAX 03-3334-2527まで
オンラインお申し込み こちらのフォームよりお申し込み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

2009年、「けやきの会」講演の年間スケジュール

2009年の講演の日程のご案内です。皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

※日程は基本的に、毎月第一木曜日に開催しております。

平成21年 本年のテーマ : 『間』

 1月 新年会 初詣

 2月 ”ま”
     空、無、0、霊、ゆとり、あそび、空間、すき間、
     間(あいだ)、心の道草、吸うと吐く呼くの間、
     これら惣(すべて)を  という

 3月 身体の ま の働きをする水を科学しよう

 4月 からだにいい水とは?

 5月 脳にいい水とは?

 6月 水は油を溶かすってほんと? 
     
~メタボ対策~

 7月 ツルツル美人にスマートにする超軟水

 8月 アトピー ぜんそくも流す水
     
酸素活性が高くクラスター値が最小の水

 9月 ミジンコ等小動物の生きる水

10月 バクテリアのおかげ

11月 トリインフルエンザの警告

12月 日本の軟水は健康の源

● 時間(各日) 
   18:15 受付開始
   18:30 開演
   20:00 終了予定

● 会費
   一般 3,000円/学生 1,500円

● 場所
   ツカサ五反田本社5階
   東京都品川区東五反田5-22-37
   JR五反田駅東口/都営浅草線五反田駅A4出口 徒歩5分

● 特典
   ※初めてご参加の方、先着5名様は参加費無料
   ※誕生月の方にはプレゼント贈呈

● 講師プロフィール
 天明(天明)   心健導場主宰
宮崎県出身。深層心理学・哲学・東洋医学を研究し、1992年にその集大成である〈3と97〉の理論を著書「いのち」に著す。
現在、企業・団体・カルチャースクール等でトータルヘルスマネージメントの講演活動を行う。
東京・荻窪にて主宰する「心健導場」では、どこへ行っても解消されなかった心身の悩みを持つ方や、自己能力を開発したい方に、「こころ」と「からだ」のカウンセリングを行っている。
著書:「いのち」「道草しながら生きようよ」「還暦の風景ー60才共著」

詳細のご案内  『ツカサ株式会社ホームページで掲載中』

チラシはこちらよりダウンロードして下さい。 『けやきの会チラシ』

オンラインお申し込み こちらのフォームよりお申し込み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

第343回 けやきの会

第343回 けやきの会
第343回 けやきの会
第343回 けやきの会
第343回 けやきの会
演題 この世との絆
生まれて死ぬという事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

富士山から天に昇る龍

平成20年11月21日 午後4時35分~50分
所用で元プロの写真家、小林氏と埼玉県八潮へ向かいその帰りの、池袋へ向う高速道路の車中での出来事です。

小林氏が
「ここは障害物が無くて左手に富士山が見えるんですよ」
と言ったその時、

2008_11_21_a

ほんと!!びっくり!!
富士山の上に龍が・・・・。


私はデジタルカメラの操作が上手く出来ないため、高速道路が渋滞していたので、小林氏にお願いして撮影して頂きました。

2008_11_21_b

龍は最初に富士山の頂上にトグロを巻いた様な状態で座り、そして頂上付近を取り巻いて消えました。

龍が消えたら富士山の頂上から1/3位までオレンジの火が、炎となってユラユラ天に昇って燃えているのです。そして、その右側に九州・四国・中国地方の島が浮かんでいて、島の回りにもオレンジの炎が燃えている。

小林氏も島を見て
「あんなのあったかなぁ~」
とおっしゃっていました。

高速道路の流れがスムーズになってきて、あぁぁ~~高速道路の防音壁が視界をさえぎり池袋の出口へ・・・

今、思い起こすと、九州・四国・中国地方の島は、雲がそのようなカタチを形成していたように思えます。

2008_11_21_c

何を意味しているのでしょう?
これは・・・。

※ 小林氏からのメール
いつも通るがこんな富士山は初めて見た。富士山から天に昇る龍の写真から強い意志と力が感じられます。
(小林氏の)母方の祖先は木曽の御嶽山の神様の次に祀られている予言者でした。ふと母と御嶽山を感じ、木曽の御嶽山から来た龍のような気がしました。

このメールの文章を見て私はびっくりしました。
我が家に御嶽山の第三の池の守り神の白龍がいらっしゃいます。
小林氏と縁の深さを感じました。

※ 遠藤君からのメール
すばらしい龍です。神々しさを感じます。写真を拝見して全身から鳥肌が立ちました。

私も鳥肌が立ち手を合わせながら天からのメッセージを受け止めました。

皆さんは何を感じますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

七面山 ( 2/2 )

P1040300 P1040327

続きを読む "七面山 ( 2/2 )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七面山 ( 1/2 )

P1040152 P1030966

続きを読む "七面山 ( 1/2 )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »